何度でも泣きながらありがとうと叫べ

好きなモノを好きなように好きなだけ 音楽と映画とドラマ

ブームの後の文化を育てられるか?フリースタイルティーチャー雑感(2020/07/07放送)

色々あって5年間続いたフリースタイルダンジョンが6月で急遽終了、枠自体は残り新しいHIP HOP番組としてフリースタイルティーチャーが始まりました。

f:id:bumpofchokin:20200708074253p:plain

あんな形でダンジョンが終わってしまったのはメチャクチャ悔しいし、ダンジョンの思い出とか個人的な総括は別でやるとして、自分のブログ内では数少ない連載コーナーなので、見限るまで書いていきます!(MC松島はyoutube動画上げるらしいし、自分とほぼ同時期にダンジョンの連載始めたサイゾーさんもおそらく続けるだろう)

 

テレ朝公式によると「ラッパーとラップ好き芸能人がタッグを結成!二人三脚でバトルを目指す! ヒップホップの歴史や伝説的人物を解説するコーナーも!」とのことで、番組はフリースタイルラップ講座とHIP HOPの歴史や文化についての授業の2部構成。

 

番組コンセプトは、コロナにより通常の収録が困難になった4月に特別編として行ったやった企画が元になってます。ジブさんも「これはこれでアリ、別で番組やりたい」と番組中にコメントしていた程に手応えを感じていて、思いがけずスグに実現したという流れ

 

2週に渡ってオンエアされ、紺野ぶるまさんの頭の回転の速さにビビった。

www.crying-thankyou.com

後編

www.crying-thankyou.com

  

メンツはMCがジブさんと青山テルマ、教師になるラッパーはKEN THE 390、DOTAMA
、TKda黒ぶち、輪入道。教わる側の芸人さんはレイザーラモンRG、カミナリの石田たくみ、紺野ぶるま、ゆりやんレトリィバァという座組

教師生徒共に1クールで入れ替わりらしいので、今後はR-指定やFORKはじめ、歴代モンスターが出てくると思われる。マッチング→1ヶ月の特訓→総当たり戦の繰返しになるのかな。

 

まぁコンセプトからメンツからマルっと刷新なので、今までと別物なのは当たり前。ダンジョンだって最初は旗持って山車に乗って登場してたし(笑)、ここからの調整次第でしょう!楽曲紹介になると流派Rと被るし、HIP HOPバラエティとして楽しんでいければ

 

 

 

ラッパーと芸人の公開お見合い

そんな訳で本編の感想ですが、中々にキツイ盛り上がらないお見合いでしたな笑

最初にラッパーと芸人でペアを組むにあたり、お互いに自己紹介フリースタイルやってから質問コーナー、最後に芸人ドリームマッチの如く芸人からラッパーへ告白してOK出ればペア成立というマッチング回でした。

 

芸人とラッパーお互い距離感分からずチグハグな空気感で、ボケに対して誰も突っ込まない。当たり前だけど、ジブさんって粛々と進行していくからボケてもそんなに触れないで「じゃぁ次」ってなる。芸人4人の中もカミナリたくみしかツッコミいないから、とてもじゃないけど捌ききれない…

※出演者同士はアクリル板で区切られ距離も保ってたから物理的な距離もあった

  

紺野ぶるまさんは相変わらずの仕上がり、R-指定先生からの講義見たかったな~

ここまでやってきたアクリルの茶 もうひっくり返すぜ私の

紺野ぶるまその辺の女と混同するな

コンプラ上等 ノーブラで登場 トップが立つぜトップに立つぜ

チ〇コもラップもさせてくぜ膨張 いらねぇぜ旦那への変な同情 

細かく踏んで名前で全踏み、パンチラインまであって、もうこれレクチャーいらんでしょうw 

カミナリたくみはアメトーークもそうだったけど「自分、ヘッズなんですよ!!」アピールがすごい笑

 

フリースタイル珍しいケンザは俺の横にあるアクリル板 シュッとしてるからって甘く見るな と話の流れのままに自分のキャラにも合った内容をサラッとラップして流石

TKは相変わらず要領得ないし、DOTAMAは緊張してた笑?

ってかDOTAMAって歴代教師なお堅い家庭だったんですね…ラップで食ってくって話した時はモメたんだろうな

 

そしてやっぱり輪入道は向いてない気がするんだよなぁ、不器用なんだし教えるの苦手そうだもん笑!見た目的にツッコミ辛いから、長々フリースタイルも「もうええわ!」って強く言えない。全編通して、他の発言も大概やばかったぞ!

全MC共通してだけど「~みたいなことはしねぇ」 「~しんないけど」ってラインがどうも好きになれないの思い出したわ、

 

後半はお互いに質問コーナー「ラップをする上で大事なことは?」「バトルに負けたらどう立ち直る?」等々、当たり障りのない感じだったけどたまに面白話が聞けた。「頭の中で勝つまでバトルする」って回答はとてもケンザっぽい。帰り道でメッチャ考えてる姿イメージできる。

「ラッパーのマイクの持ち方」とかニッチな解説を偶然聞けるのは良かった。誰か身振り手振りも質問してくれ

 

マッチングタイムは芸人からラッパーに対し告白して、被りがあれば「ちょっと待った!」となり、ラッパーが応えるけど、受け手のラッパー陣のリアクションが淡々としててイマイチ盛り上がらなかった…笑

 

最終的に輪入道・RG、TK・ゆりやん、ケンザ・たくみ、DOTAMA・ぶるまのペアになり、来週からレッスン開始!

 

ティーチャー要素を一手に引き受けるKダブ

中盤には「ミッドナイトHIP HOPアカデミー」と題してKダブ先生によるHIP HOPの文化や背景を教えるコーナー、こちらはまぁまぁ良かった。HIP HOPやファンクの根本にある、ブラックミュージックにまつわる話。初回の今回は今起きているBLACK LIVES MATTERについて、黒人たちの命を粗末に扱うなと訳していた。

 

自分はほぼ理解できてなかったから、少しの時間だったけど勉強になった。

「ブラックミュージックはアフリカのイズムを表現し続けている」ってのは目から鱗だった。なのかが分かった。本来自分たちが持っている感覚を忘れないための、あのグルーヴなんだ。

もうちょい尺欲しかったし、なんならAbema限定でフル流してくれ 

とはいえ、かなり思想強い人だから鵜吞みにせず「この人はこういう風に考えてるんだ~ちょっと調べてみよう」ってなるキッカケになれば良いかな。

 

まとめ 

 今回はマッチングのみということもあり、本格的なレクチャーは来週からなので、どこまでティーチャー要素を出せるか、あまり期待値は上げすぎず楽しみにしていきます。

グダグダはあったけど、ダンジョン打ち切りから少ない準備期間もあるし、まだそんな文句垂れるコトはないと思う!気になるポイントは多かったけど笑

 

最初は「青山テルマいるか?」と思ったけど、今回みたいなトーク回では毎回リアクションして間を繋いでくれてマストだった。芸人がラップして「やっぱ本職スゲーな」ってなるのと同じで、 ラッパーがバラエティやってもぎこちなくって見てられないから、結論プロはすごい。

 

生徒役は芸人でなく、完全な素人や他ジャンルのアーティスト、始めたての若手ラッパーは難しいだろうか。なんなら育成番組みたいな感じで

企画変わるけど、NHKの『芸人先生』みたいに、ラッパーの視点から普遍的なトピックについて話す回も見たいけど、知名度の低さとか難しいかな。もしくは完全に関ジャムスタイルでお送りするとか

 

お笑いとフリースタイルラップの共通点と言えば「即興性」なので、別にHIP HOP好き芸人ではなく、大喜利が強かったり、即興性が高いネタをやってる人を出して親和性の高さを見せてくれたら面白いと思う。そういう意味で、紺野ぶるまさんはメチャクチャ楽しみ

 

 

それでは

キラメイジャーやリュウソジャーを見て大きくなる子たちがちょっとだけ羨ましい

魔進戦隊キラメイジャー第1話が3/8(日)に放送されました。NHKドラマ『トクサツガガガ』にハマってから特撮出戻り2年目のキラメイジャー、カナロスを引きずりつつの視聴だったけど、とても良かった。

 

ぶっちゃけ最初はビジュアル好みでないし、元気な作品の後はシリアスに揺り戻しがあると思って期待値低かったけど、見事にオタク特有の4回転半手のひら返しキメさせていただきました。興奮冷めやらぬうちに今の1話視聴後の感情を書き殴り 

 

 

知らないうちに自己肯定感を上げてくれる

まず何より思ったのは「小さい頃にこんな番組を見て大きくなった子は素敵な大人になるんだろうな」ということ。ちょっと嫉妬してしまうレベルで羨ましい。

 

思わずちょっと泣いてしまったのは、メチャクチャ褒めてくれる事に対して

 

 リュウソウジャーでも変身時や強竜装の時には

「ソウソウソウ この感じーーー!!!」「モッサモッサ ヨッシャァ!」「チョーーーイーーカンジーーーー!!!!!!!!」としきりに盛り上げてくれた。

キラメイジャー初回では特に、レッド充瑠(読み:じゅうる)の相棒、魔進ファイヤがこれでもかってくらい褒めたり応援してくれる。

 

リュウソウジャーから更にパワーアップして

「お前はまだ本気だしてねーだけでよう、すげーやつなんだよぉぉぉ!」

「お前の中のキラキラ、もう信じられるだろーーー!」

「テンションMAX、メッチャメラメラだぜぇぇ!!!」

と、最初から頼もしい相棒として充瑠のライジングを強烈に後押ししていく。ティラミーゴとコウの関係とは大きく違う。

 

HPの公式ビジュアルにも「キラメこうぜ!」って自分から言うスタイルで、コンセプトが「キミは輝いてるよ、スゴイんだぜ」って褒めているような感じる。

f:id:bumpofchokin:20200309094100p:plain

 

こういうコンセプトだと、見ている子供たちは絶対ヒーローごっこする時に絶対褒め合ったり、自分自身で盛り上げてテンション上げていくハズ。そうなると「遊びの中で、無意識のうちに自己肯定感が上がっていく」んじゃないかな。

 

自分は昔からおっちょこちょいなところがあって、大小さまざまなやらかしをする中で、あまり褒められる経験、自分で自分を褒めるような事はしてないで大人になった。働くようになって「自分の機嫌は自分でとる」習慣ができるようなってきた。

 

でも、リュウソウジャーやキラメイジャーを見て育った子たちは自然にこういうことができるようになってると思う。(自分が当時スーパー戦隊を見て学んだのは、ドロンチェンジャーのポーズと隠丸の持ち方だけかな笑 あとはダラダラ回のトラウマとか?) 

 

彼らが働く年になった時、労いや感謝の言葉がウチら世代より増えたら、ちょっとだけ世の中が良い方向に変わってる気がする。

 

「オタクの強さ」がニチアサまで来た

もう一つ欠かせない胸熱ポイントは、充瑠のレッドっぽくなさそう感。 コウが王道レッドだったから尚更ギャップを感じたけど、やっぱりレッドって熱血じゃないですか?充瑠は教室の隅っこで絵を描いているような高校生で、要は完全に陰キャの部類なんですよね。他のみんなは医者や俳優といった、キラメイジャーの名にふさわしい正に花形なお仕事。

 

なんだけど先述の魔進ファイヤの激励を受けて、好きな絵を描く事=想像力を発揮して5人目の戦士魔進レッドとして立ち上る。

 

これって「好きこそ物の上手なれ」を体現するオタクのストーリーだと思っていて、ここ数年の自分が好きなコンテンツに共通している。『僕のヒーローアカデミア』のデクくん、『レディ・プレイヤー・ワン』のウェイド(パーシヴァル)、HIP HOP業界のR-指定、みんなオタクで自分が好きなモノには他を圧倒する熱量で取り組んでヒーローになっていく。この後の展開で充瑠が他の4人に負けないくらいキラメいていく姿を想像すると、目から汗が止まんねぇよ…

 

その他もろもろ

あとは思った事ばらばらと

 

映画のエピソードゼロ見てなかったから、イキナリ襲撃には面食らってしまった。

 

ブルーがクール担当で、イエローのキャラ読めなかったけど、まさかのギャグ担当で今後が楽しみ、早く仲良くなってレッドとじゃれ合う姿が見たい

 

女性陣はピンクとグリーン、髪型以外で見分けつかないので(老いを感じる瞬間)、推しが決まるのはもう少し後かな

 

今更だけど魔進ファイヤ=熱血な消防車ってプロメアのガロでしかなくない!?

「プロメア ガロ」の画像検索結果 

 

個人的に武器は剣の方が好きなので銃が出てきたときに「今年はそっちかー」と思ったけど、続いて剣も登場、後半でまさかの合体でブチ上がった

 

キラメキーング! がちょっとだけピカチン!と被る

 

EDのキラメイダンス、まさかのユーロビート! DA PUMPの『U.S.A』にかなり近い。スーパー戦隊のEDは相変わらず、いろんな音楽ジャンルに触れる最初の接点として良い仕事するな

 

制作陣に絶対パリピいるだろ。直近の映画も『スーパー戦隊MOVIE PARTY』、キャストがレギュラー出演する番組は『スーパー戦隊PARTY』(略してSSP)、EDはユーロビート、 絶対イケイケドンドンな人が考えてるでしょうw

 

 

以上!!

もう少しカナロスを引きずりながら、気づいた時には充瑠に首ったけになるか、ほかの子が推しになっているか、自分でもワクワクしている。

 

前週のリュウソウジャー最終回余韻もまだ浸りたいけど、この忙しなさも特撮あるあるだよなぁ 改めて、キラメイジャー1年間よろしく!

www.crying-thankyou.com

 

 

それでは

特撮の村に戻って1年経った、リュウソウジャー1年間ありがとう

騎士竜戦隊リュウソウジャー 全48話が終わった。去年のNHK冬ドラマ『トクサツガガガ』を見て特撮熱が再燃してからちょうど1年が経つ。最終回を見終えて1年のふりかえりと感謝をつらつら書いていきます。

 

カクレンジャーやジュウレンジャーをレンタル~リアタイしてた世代の自分にとっては十数年ぶりのスーパー戦隊シリーズだったけど、勢い余って『トクサツガガガ』原作も大人買いしたから、ガイドブックのように記憶の奥底に眠っていた特撮あるあるを思い出しながら見れた。

 

なにより慣れ親しんだ恐竜モチーフ、前作ルパパトの対比でテンションと勢いでぶっちぎるスタイルがカラッとした作品が好きな好みとも合致して、復帰作としてはこの上ないくらい楽しめた!

 

※そのまま勢い落とさずウルトラマンタイガも見た・仮面ライダーゼロワンも視聴中

 

隠大将軍オマージュだったり、ドラゴンレンジャーと同じく追加戦士ナダの途中離脱(特番で先行登場~ちょいちょい登場、仲間になるまでのすったもんだから、あまりにも唐突なお別れと、ちょっと気持ちが追い付かなかった部分もあったけど)など、当時を思い起こすような場面にも立ち会えたのはエモかったね~~~~

 

夏はテレ朝夏祭りのヒーローショーに行って自分のお金でヒーロー達と握手もしたし、サブスクで主題歌を聞いたり、Twitterで俳優さんのオフショットを見れたり、ういちゃん役やアスナ役の人のグラビアを週プレで見たり、大きいお友達ならではの楽しみ方もできた。

 

特にヒーローショーは良かった。本当に「がんばれ~~~~」って応援するタイムあったんだなぁ、自分も小さいときやってたのかなと思い返そうとしたけどさすがに記憶ねぇ

 

音楽好きとしては肩車は普段ライブ会場で「自分楽しんでますアピール」や「同じ客のくせに謎に煽周りを煽る」などマジで胸糞悪い気持ちでしか見ないけど、ヒーローショーではディズニーランドのショーの時ぶりに「子供に少しでも良い場所で見させてあげたい親心」から発生する肩車を見て本編とは関係ないところで泣きそうになった笑 

 

やり残したことも多々あって、これは次回以降での楽しみでもあるんだけど、意外とモノは買わなかった。食玩はスーパーのお菓子コーナーに会社帰りのスーツ姿で散々悩んだけどあと一歩で断念したり、映画は夏も冬も行けず仕舞いだった。(なるべく公開直後の五日午前のチビッコが多そうな回で見たい)コロナウイルスなかったらシアターGロッソで素面アクションも見たかったねぇ

 

内容も少し、まずヒーロー姿で敵を倒さず、またロボの俊敏な感じが新鮮だったな~

ブログやTwitterで色んな人の視点や考察も漁れるのも今だから出来る楽しみ方。いつも読んでいる方の記事だけど、これ読んだときはなんとなく感じていたことをきれいに言語化してくれて目から鱗だった↓

www.jigowatt121.com

 

キャラでいえばバイブスだけで押し通すコウや、当て書きで食いしん坊のアスナも好きだったけど、自分の推しは婚活に熱心な残念イケメンのカナロ。youtuberもだけど、最新の時事ネタを入れてて、細かいところまでだれが見ても楽しめる作りになってるの本当にすごい。

 

先が読めそうで読めない展開とか、急にぶち込んでくるギャグも今となっては愛しいな~、まさか最終回までこんなジェットコースター展開とは思ってなかった。コウが刺された瞬間とかマジでビックリしたし(まさかのレッド死亡エンドが一瞬頭をよぎったもの。。。)、レッド不在で最後の変身とか斬新すぎて一本取られたな~最後はナダほんのり出して終わりかと思いきやギャグで締めるという徹底っぷり笑

 

ギャグといえば吹越満さん演じるお父さんa.k.a.セトー 、『忘却のサチコ』や『これは経費で落ちません』で憎めない上司役で好きだったけど今回は見事にコメディ担当として要所要所で笑いと困惑を提供してくれた。リュウソウブラウンなんて自分の目を疑ったよね

 

プリシャス出てから「コイツがラスボス?もっと上がいるのか?」とズルズルしてたりロボ戦が少なくなったり若干ダレてしまったけど、気づけばワイズルー様とクレオンのコンビの虜になってしまっていた。あんなハッピーな悪役ズルい。歴代でもここまで明るいヤツは少ないのでは?

 

来週からは早速新しいヒーロー『魔進戦隊キラメイジャー』が始まる。最終回に向けての怒涛の新事実・大事な設定の連発や、現行のクライマックスと同時にやってくる新人さんプロモーションだったり、『トクサツガガガ』にあったメタ視点な楽しみ方も体験できたw

 

リュウソウジャーが「ワッセイワッセイ ソレソレソレソレ♪ 」 「ソウソウそう!、その感じぃぃぃぃぃ」と褒めまくって自己肯定感上げてくれたのと同じように、キラメイジャーも名前の通り見てる子がキラキラするような作品になるのだろうか。

 

最後にこの「ニチアサ」という枠の特殊性について。いろんなコンテンツがあるけど単発では3か月の1クールがほとんど、続編が出来て長い時間一緒にいる作品もあるし、ごくまれに数十年単位で続いている作品もあるけど、1年間という長い時間を共にするのに、作品が終われば(基本的に)続編は一切ないというコンテンツは珍しい。自分の知る限りでNHKの大河ドラマとニチアサだけだと思っていて

 

これだけ長い間作品を追っていれば役としても俳優さんとしてもメチャクチャ思い入れ

強くなるじゃん。単純接触効果だけでもハンパないのに、成長や葛藤を余すところなく見せてくれるじゃん? それ故に終わった時の達成感とロスは代え難い。今やどちらも見ている勢としては両方見ているからこその視点や楽しみ方も見つけていきたい。

 

というわけでリュウソウジャー色々あったけど1年ずっと楽しかったよ、ありがとう!キラメイジャー、これから1年、よろしくね~~

 

追記:キラメイジャー初回放送見たら、さっそく泣いてしまった話

www.crying-thankyou.com

 

 

それでは

2019年の趣味活動の総括~人生で1番趣味が充実した1年の光と影~

駆け込みで今年の趣味の活動ふりかえり。タイトルにある通り、2019年は人生で1番充実していた。範囲も広がったし、1つ1つの沼も奥深くまで潜れた。ただ、楽しかったと同じ位、悲しいこともあったなぁという話です。

 

年間ベスト総括も兼ねてますので、合わせてどうぞ

www.crying-thankyou.com

 

 

ライトサイド

ご贔屓さん愛の深まり

BUMP UNISON フィロのスですね。BUMPはアルバムがメチャクチャかっこよかった。歌詞もだけど、高校生ぶりにBUMPのサウンドがカッコいいと思えた。長く好きでいて、いまだに新しく好きになるポイントが増えたのが嬉しい。革新性とかはないけど、今のBUMPだって、ハチャメチャにかっこいいからな!

 

UNISONは結成15周年ということで、バンド史上初のアニバーサリー企画がてんこ盛り。自分は好きになって10年だけど、長い間このバンドを好きでいて良かったと思える瞬間に出会えた。新曲が個人的にヒットしないことも出てきたけど、相変わらず一挙手一投足に振り回されまくっている。これからも一緒に年取っていこうな。

 

フィロソフィーのダンスは確実に売れてきている。地上波のレギュラー番組持ってライブの会場規模も大きくなり、何よりメジャーデビューですよ!「この1年メチャクチャ楽しませてもらったけど、来年はもっと楽しませてくれる」って好きになって3年毎年思わせてくれる存在。「来年こそバカ売れする」もずっと言ってるけど、2020年はマジで実現しそう。

 

たくさんの念願が叶った

音楽面では「念願かなってようやく~ができた」シリーズがたくさん。パッと思いつく限りで以下、どれも万感の想いよ! 

・星野源の『恋』をライブで聞けた

・UNISONのライブで1番好きで、ライブでも準レギュラーの頻度でやる曲なのに約6年聞けなかった『ライドオンタイム』を聞けた

・Superflyの『愛をこめて花束を』をライブで聞けた

・三浦大知のワンマンを見れた

・UNISONとSKY-HIのツーマンを見れた

・RHYMESTERのライブを見れた

 

好きなモノは好き

昔から好きだった作品を再度見たり、リブート等で改めて見て「昔好きだったものは今も好きだし、新しい発見もあれば変わらない好みも気づけて脳みそへの刺激がたくさんあるな~」と思った。

 

・スパイダーバース見てスパイダーマン再熱→MCU入門

・平成ガメラ一気見オールナイト

・『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』で10数年ぶりに怪獣プロレス

・『ゴジラ×メカゴジラ』でリアルタイムぶりに劇場で見た機龍が死ぬほどカッコよかった

・『ターミネーターニューフェイト』でシュワちゃんの老いっぷりと液体金属というアイデアの強さを再認識

・クレヨンしんちゃん映画を新作だけでなく旧作もWOWOWでほぼ網羅

 

ドラマに影響受けまくる

ここ数年は1年で新しくハマったものが明確で、2016年はアイドル、2017年はHIP HOP、2018年は歌って踊れる系にドハマりして、2019年は…

 

ドラマだった!!!! そうです、音楽ジャンルだったけど、カテゴリ全然違うんです。全クール楽しみなドラマが複数で来たくらい楽しめて、それは年間ベストドラマ記事で触れます。それ以上に大きい出来事として、趣味の比率を変えられてしまったって話

 

元々自分は趣味の大半を音楽に注いでて、ブログやTwitterも大半は音楽ネタです。あとは映画15%とドラマ5%くらいだった。それが今年は映画とドラマそれぞれ10%ずつでさらに、その他カテゴリが増えた。

 

『トクサツガガガ』による特撮カムバックと、『サ道』によるサウナーデビューです。

 

特撮は小さい頃大好きで、カクレンジャーが最推しだった。それが『トクサツガガガ』見て、5歳くらいの俺が騒ぎ始めた。その結果、『騎士竜戦隊リュウソウジャー』、『仮面ライダーゼロワン』、『ウルトラマンタイガ』と今年からスタートの新作はフルコンボで週末の録画容量をさらに埋める。マンガの原作は大人買い、機龍やガメラのフィギュアを秋葉原や中野の中古ショップで買い、夏はヒーローショーも見てきた。スーパー戦隊の冬の映画は行く予定。自分でも笑ってしまうほどのハマりっぷり。

 

ドラマでも泣いて、原作読んでても頷きながら泣いた『好きってそんななくなっちゃうモノなの?』というセリフの通り、好きな気持ちはずーっと変わらない。

 

そしてサウナはドラマ『サ道』1話見てからだから7月以降、隔週~月イチの頻度で通ってます。今や完全にととのいのトリコ~。運動が苦手な文化系オタクにとって、サウナは効率的に達成感と運動した感を得られる。

 

『サ道』のロケ地や新しくオープンした施設を中心に行ってるんだけど、自宅の亀有からアクセスしやすい場所が多くて気軽に行けちゃう!ちなみにホームサウナは鶯谷の萩の湯です。サウナ感想ブログも書き始めて、更新が追い付いてないだけで、書き途中のネタが渋滞中してる…

www.crying-thankyou.com

 

ダークサイド

好きなバンドの解散・脱退

これはもうShiggy Jr.とNICO Touches the Wallsの解散、そしてBIGMAMAのドラム、リアドの脱退。

 

自分の社会人生活のBGMそのもので、これからも一緒に成長していくものだと思い込んでいたShiggyの解散、ラストライブは色んな感情がごちゃまぜになって全編嗚咽交じりの大号泣。3カ月だった今でも、ぶっちゃけまだ受け入れられていない。聞いたらどうなってしまうのかが怖くてラストライブ以降、音源も聞けてない。(ラストライブの感想記事も筆が進まず下書きに眠っているけど、もう少し気持ちの整理がついたら公開予定)

 

と思ってたら今度はNICOがラストライブも何もなしに活動終了を宣言。椿屋四重奏もそうだったけど、あっちは最後ツアー終わったよ。NICOは春にツアーやって夏フェスでて終了って、納得できないよ。「Shiggyは解散ライブ見れただけ良かった」って思った矢先の出来事ということもあり、余計にダメージが大きい。

 

そして年の瀬にはBIGMAMA脱退。秋ごろからSNSで解散説が浮上してて、その可能性はないことがインタビューで明言されていてほっとしていた矢先のニュース、しかも盟友にして後輩だけど、見事に抜き去ってしまった[ALEXANDROS]のサポートを経ての脱退。年明けのツアーで見納めとアナウンスされているが、実感がわかないし、リアドがいなくなってからのBIGMAMAを見たくない。まさに学生時代の青春の思い出が詰まっているバンドで、少しでも形が変わってしまうのが許せないだけ

 

好きな作品の望まない続編

『トイ・ストーリー4』と『STAR WRASスカイウォーカーの夜明け』ですね。トイストーリーは本当に見終わた後寝込むほどに絶望した。中盤から涙が止まらなかった。ウッディだけでなくバズや他のみんなの扱い含めて、一切許していない。

 

公開前は新作公開に合わせて各所とのコラボグッズも買ったけど、見終えてからは、あまり心が躍らなくなってしまった。おそらく、今後どれだけトイストーリー新作が公開されたとしても、自分の中のトイストーリーは3まで。何より悲しいのは、自分の人生の中でとても大事なシリーズなのに、こんな気持ちを持ってこの後の人生を過ごさなくてはいけない事

 

スターウォーズはもう前作から呆れっぷりでノルマ感でしか見なかったけど、収集つかないまま終わった。結局焼き直しなのか新しい物語なのかどっちつかず、深く考える気も起きないほどには退屈だった。なんなら中盤寝たわ。

 

とくにイヤだったのが気持ちが乗らないのに劇場に足を運ぶという体験自体が初めてという事。普段の生活でも極力「自分がしたい事しかしない」を心がけているのに、まさか1番主体的に行動している趣味の活動でイヤイヤ行動する場面に遭遇するとは思ってもみなかった。トイストーリー程のダメージではないが、こうなってしまては今後何しても「どうせ金のことしか考えてねーんだろ」とセルアウト批判の気持ちで見てしまう。

  

まとめ

生きているといい事あるなって思える瞬間もたくさんあったけど、こんな状況に直面しないといけないのかと嘆いた瞬間もあった。こうやって書き出すと良かったエピソードの数が圧倒的に多いのに、悪かった事がこれだけ印象に残っていて、人間って罪深いな。

 

来年に向けては、年間ベスト各部門の記事で触れるとして、更なる趣味カテゴリの追加予報だけ。次はラジオにはまりそうです。

 

今はCreepy Nutsのオールナイトニッポン0を毎週聞いてるけど、chelmicoのレギュラー番組も始まる。アトロクはゲスト好きな人だけ聞いてるけど、宇多丸の話もっと聞きたいし、テラスハウスから南キャン山ちゃんのワードセンスに今更ながら魅了され水曜JUNKも聞きたいし、ゴッドタンのプロデューサー佐久間さんのオールナイトニッポンゼロなんて書き起こし読んでる限り、聞いたら絶対ハマる。

 

今は書き起こしだけ見て満足してるけど、そもそも書き起こしをみる習慣すらなかったから、これは好きな番組見つけてしまったら完全にハマってしまうヤツ(笑)

 

こんな感じで、音楽、映画、ドラマ内でも好きが増えているのに、特撮、サウナ、etcと趣味カテゴリが追加されていって、しかもブログにそれらの感想をぶちまけるイベントまで追加された結果、深刻な悩みとして

時間が足りねぇ!!!

 

あれも欲しい!これも欲しい! もっと欲しい!もっともっともっとぉぉぉぉぉぉぉぉ

 

更に輪をかけてブログですよ、ブログへのアウトプットが、自分の中でインプットになるという感覚を掴めてきて書いているのがどんどん楽しくなってきているし、書きたいネタも増え続けている結果、進捗率6割くらいの記事が大渋滞を起こしている笑

 

ここ数年で好きなものが増え続けた結果の嬉しい悲鳴とはいえ、個人的には大問題で、

「あ~時間ない、どうしよどうしよ」みたいに混乱したり、処理しきれなくてストレスになることもある。

 

昼休みは1人で行動してるんだけど、最近はラジオとかリリース直後の新譜聞いたり、明らかに追い付いてない。録画容量はHDD買えばいいんだけど、問題は時間がない。

 

今年は仕事そんなに忙しくなかったから良かったけど、来年は頑張りたいし、趣味だけに時間を使えなくなってくるので、時間の使い方も学んでいきたいっすね。

 

そんなわけでボチボチまとめ。まずは全てのクリエイターの人たちに愛と感謝とリスペクト!今年は特に、人生を色んな方面から彩ってもらっております。そして末尾まで読んでくださっているアナタ、毎度ありがとうございます。書いてる本人だって後で読み返すと長くて疲れるのに、自分なんぞの文章を読んでいただいて、愛と感謝とリスペクトしかないです。

 

来年も好きなモノは好き精神で縦横共に好きを広げていくので、今後ともよろしくお願いします。みなさんよいお年を~

 

 

それでは

何度も泣きながら「ありがとう」を叫んだ2019年ベスト音楽・映画・ドラマ

 


2019年の年間ベスト10を決めました!音楽と映画は引き続き、今年はドラマが豊作すぎたのでドラマ部門を新設してます。今年もたくさん楽しくて泣いた。すべての作り手の方に愛と感謝とリスペクト!!!

 

コメントは別記事で年明け以降に更新予定です。とりいそぎ結果だけ…

 

 

音楽

楽曲

1位 覚醒 / Superfly

2位 月虹 / BUMP OF CHICKEN

3位 COLORLESS / 三浦大知

4位 シスター / フィロソフィーのダンス

5位 Pretender / Official髭男dism

6位 爽健美茶のラップ /chelmico 

7位 Mr.アンディ / BIGMAMA

8位 それは月曜日の9時のように / 桜エビ〜ず 

9位 WE DO / いきものがかり

10位 ハルノヒ / あいみょん 

 

アルバム

1位 aurora arc / BUMP OF CHICKEN

2位 瞬間的シックスセンス / あいみょん

3位 Fishing / chelmico

4位 エクセルシオール / フィロソフィーのダンス

5位 Thank you, ROCK BANDS! ~UNISON SQUARE GARDEN 15th Anniversary Tribute Album~ / V.A

6位 切愛 / BASI

7位 スパイダーバース サントラ / V.A

8位 BE KIND REWIND / lyrical school

9位 Traveler / Official髭男dism

10位 AFTERMIXTAPE / KREVA

 

ライブ

1位 7/26 UNISON SQUARE GARDEN@舞洲スポーツアイランド

2位 7/12 BUMP OF CHICKEN@西武ドーム

3位 2/28 星野源@東京ドーム

4位 12/17 フィロソフィーのダンス@新木場STUDIO COAST

5位 8/29 UNISON SQUARE GARDEN@新木場STUDIO COAST

6位 2/15 三浦大知@日本武道館

7位 8/10 ROCK IN JAPAN@国営ひたち海浜公園

8位 9/29 chelmico@赤坂BLITZ

9位 12/12 SKY-HI@豊洲PIT

10位 12/29 RHYMESTER@新木場STUDIO COAST

 

映画

1位 ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

2位 僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ・ライジング

3位 スパイダーマン:スパイダーバース

4位 JOKER

5位 映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン~失われたひろし~

6位 プロメア

7位 ターミネーター ニューフェイト

8位 アベンジャーズ  エンドゲーム

9位 ガリーボーイ

10位 ダンスウィズミー

  

ドラマ

1位 トクサツガガガ

2位 いだてん

3位 G線上のあなたとわたし

4位 だから私は推しました

5位 サ道

6位 まんぷく

7位 きのう、何食べた? 

8位 面白南極料理人

9位 わたし、定時で帰ります。

10位 ゆうべはお楽しみでしたね

 

 

それでは

夜ドラ『決してマネしないでください』が見せた小瀧望の童貞っぷりとNHKの振り幅

NHKの夜ドラ第4弾『決して真似しないでください』、全体を通して個人的にはツボすぎたので軽く感想を書き散らしていきます。

 「決してマネしないでください」の画像検索結果

 

まず、主演の小瀧望くん(ジャニーズWEST)はドラマで大変お世話になっていて、満を持しての初主演!しかもジャニーズはあまり出ないNHKで、しかも自分が好きな夜ドラ枠、期待値あげんなって言う方が無理でしょうよ!

 

良かったのは何と言っても、その童貞っぷり。これまで小瀧くんは『世界一難しい恋』と『もみ消して、冬』で見てて、両方とも癖が強すぎる後輩を演じて、変なヤツだけど憎めない独特のキャラを見事に演じていた。

 

たまに歌番組でジャニーズとして活動しているの見て「あーちゃんとイケメンやってる」って思ったもの。それが今回はゴリゴリの理系大学生、さすがにジャニーズみが出てしまうのでは?と危惧したけど、杞憂だった。

 

スッッッッッゴイ童貞っぽい笑。こじらせ童貞ドラマとして『逃げ恥』『セカムズ』『デート!』に並ぶほど

 

服はオールドスクールなオタクのチェック(モデルになった東工大が異様なチェック率の高さを誇るらしいのでやむなし)で、早口でどもる感じとか、ボーっと自分の世界に入り込んで考えてしまうのとかオタクっぽさ出てた。

 

ストーリーも、連絡先聞くどころか、名前を知ってもらおうとしたり、そもそも女性慣れするためにパン屋並んだり、アホなんだけど、あまり他人事ではないラインのこじらせ方。最終回の前の回で告白、結局最終回でもイチャイチャする描写はなく、「お付き合いしていくことになったぞ~」で終わりな、なんとも童貞性の高いお話でした。ちゅーどころか手も繋いでないで、ハプニング的に1回だけハグした。この牛歩っぷりも童貞三銃士を超えている。

 

日テレだったらもっと友達がいたり、BGMも賑やかだったろうけど、登場人物を最小限にしたり、メインのテーマ以外のBGMはおさえめでNHKっぽかった。

 

個人的にはこのドラマで1番好きなポイントがありまして、ニュートンやエジソンを始めとする、科学史を切り開いてきた偉人(往々にして変人)のエピソード紹介シーンになります。小瀧くん達キャストが中世ヨーロッパの衣装を華麗に着こなすなる場面もあって、ファンサービス的も申し分ない。

 

このパートは早口で科学用語がたくさん出てきて、人によっては演者のコスプレを楽しむ、小休憩だったかもしれなかったと思う。ただ、自分は文系だったがサラッと入ってきた。なぜって?ゼミでやった問題だからさ!!(進研ゼミのマンガっぽく)

 

とうのも、今年の秋までEテレでやっていた『フランケンシュタインの誘惑』という番組で取り上げられた科学者達とまぁ被る。テスラやキュリー夫人とかですね。まさかのNHKのジャニーズ主演ドラマと、科学史の闇にスポットを当てたドキュメンタリー番組のクロスオーバー、絶対交わらなさそうな二者が繋がったので勝手に爆沸きしてた。

 

あとヒロインの馬場ふみかさん、元々そんな好きじゃなかったんだけど飯島さんのあの素朴な感じを毎週見せつけられると「あれ、実はいい子なのかも、そんなに派手な感じじゃなくて、いい子なんじゃないか?」とか思っちゃうくらいにはチョロい僕です。Twitterで検索したら水着グラビアばっかりで現実に引き戻されたよ、イケイケじゃねーか!

 

また、人見知り過ぎて常に着ぐるみをかぶっているゾンビちゃんさんも良かった。最終回でようやく顔を出したんだけど、まさかの馬場ふみかさんとドラマで共演もしている佐野ひなこ!子の声どっかで聞いたことあるんだよな~と思ってたんだよ

 

こんな感じ!原作は科学史の偉人パートが読み物としても興味深いし、ドラマのあの終わり方だとシーズン2も期待できそうなので、ぜひお願いしたいです。小瀧望くんは「この人のやる役はハズレなし」ゾーンに入ってきてるので、今後も楽しみにしてます。

 

 

それでは

トクサツガガガの主題歌「ガガガガガガガ」は最高のタイアップソングでありながら全オタク肯定ソング

最終回を迎えたトクサツガガガ、本当にありがとうございました!!

 

www.nhk.or.jp

 

1週間がたつのが待ち遠しくて、こんなに楽しみなドラマは逃げ恥以来の大ヒットだった。

円盤はもちろん、原作本も買う予定だし、なんなら昔よく見てた特撮を再度見直すために東映特撮ファンクラブに加入してカクレンジャー見始めてしまうくらい影響受けまくった笑

 

円盤化からドラマスペシャル、強いては続編まで何卒、何卒よろしくお願い致します。

 

主演の小芝風花さんの演技もメチャメチャ良かった(次回作以降マストチェケラさせていただきます)けど、ゴールデンボンバーが歌う主題歌「ガガガガガガガ」が本当に素晴らしい。

 

 

ガガガガガガガ

ガガガガガガガ

  • ゴールデンボンバー
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

デパート屋上ヒーローショー仕立ての PVはこちら

www.youtube.com

 

ドラマの感想ブログとかツイートを読み漁ってる中で「ドラマ見てない人も共感できるオタクあるある満載、全オタクが聞くべき」みたいな声が多かった。

 

最初はまぁ確かにとしか思ってなかったけど、ドラマを見終わった今は違う。

ドラマを見てる人が1番楽しめる上で、ドラマを知らない人が聞いても刺さる良い曲だと言いたい。

 

タイアップ曲として至極真っ当なことだけれども笑

 

タイアップ曲としての魅力を叫びたく、各話の思い出振り返りながら改めて歌詞を見ていきます。

 

 

まずは頭のフックとAメロ

f:id:bumpofchokin:20190302111627j:image

 

gagaは元々、熱狂とか夢中という意味らしく、そこにもう1つ「ガ」が入ることで音としてのキャッチーさが出るのと

「gaga(メッチャ好き)なのに、オタバレが怖くて公言できない!!!」

っていう仲村さんの想いがこの一言に詰まってる。

この歌い出しはかなり高等テクだよな〜これだけで鬼龍院翔さんへ拍手を送りたくなる。

 

1番がドラマでいう1話から4話までの内容になってて、仲村さんのこれまでと最近がこれまたダブルミーニングで書かれてる。

隠しオタクとして生きてきたけど、吉田さんと知り合えて話せる友達ができた。

隠して生きてきたのに、職場でオタバレしそうになる恐怖な

 

そしてBメロとサビ

f:id:bumpofchokin:20190302112745j:image

 

まさに北代さん! 特撮の追加戦士風に紆余曲折あった上で仲良くなる展開は本当にアツかったなぁ…

ジャンルが異なるオタクがカラオケで各々の曲をみんなで歌いまくるシーンはまさに理想郷としか言えない、ドラマのピークだった(なんなら最終回感があった笑)

 

ダミアン、任侠さんと理解のある人が周りに増えてくる嬉しさ

個人的には、mixiキッカケで趣味で繋がった友達がたくさん出来た昔を思い出す。同じ気持ちだろうな〜

「好きを共有できるってこんなに楽しいんだ! もっと語れる友達欲しい!!」とか「意外と同じ趣味の人いるじゃん、実は周りにもまだいたりして〜」とか思っちゃうんだよね、正に自惚れ思い上がり

けどやっぱり、現実はそんなに上手くいかないんだよね笑

 

2番は5話以降の話になってます。

2Aと2Bがこちら

f:id:bumpofchokin:20190302192241j:image

 

主に仲村さんとお母ちゃんとの関係なんだけど、社会人隠れオタクが聞かれて困る「休日の過ごし方」の件だったり、任侠さん家やハンバーガー屋で会った幼女さんにも通じる。

男の子らしく、女の子なのに、とか「普通」と言う名の圧力は色んな所にある。

けど何人かに共通してるだけで、〜あるべきだ。みたいなのは押し付けでしかないんだよね。

とは言ってもどうしようもないからスルーしてくしかないんだよな笑

 

そしてウワサの2番サビ

f:id:bumpofchokin:20190302193913j:image

 

やっぱり、1人のオタクとして泣くよなーーー

4話の職場で起きたトラブル対応の時の「好きな事してる時は、かけがえのない時間」演説思い出しますな。

個人的には平日ライブの開演早い時や遠い時は有給使って仕事休んで行く時もあるからちょっと後ろめたいけど笑

 

終わりが近づいてきた間奏終わりの落ちサビ

f:id:bumpofchokin:20190302194006j:image

 

ラスボスはお母ちゃんという複雑さ!

そして6話の最後の走馬灯シーンが出てくる。少しかもしれない仲間と生きていくんだよ

 

ついにラスサビ

f:id:bumpofchokin:20190302194141j:image

 

お母ちゃんとの関係はもちろん、ダミアン家の今後にも繋がる。

 

最終回を見たから、最後の「互いに認め合えるなら」で泣きそうになる。

「自分が好きなモノを否定され続けて感じる想いを、私もお母ちゃんに感じさせていたんだ」ってモノローグからのお母ちゃんに会って、可愛いぬいぐるみ渡すシーン重なりまくるんだよなぁ(号泣)

 

脚本どころか原作全部読んで曲作ったのかよ。

完全にキレイに終わらせず、俺たちの戦いはこれからだ!展開にバッチリ当てはまる締め方

 

とまぁこんな感じ。

書きながら録画消さないで取っておいたドラマ見返してウルウルしながら書き終えた…

 

そんなわけで、ドラマが終わってロス確定な人は、このあまりにもシンクロ率高いく出来過ぎた主題歌を聞いきながら想いを馳せようじゃないか!!

 

最後に、マジで本当に、後生なんで関係各所の皆さま、続編製作をお願い致します!!!!!!!

 

それでは

 

 

読みたいネタがないなら、自分で書けばいいじゃない

※ブログ開設時の自己紹介と意思表明です。自分で見ても稚拙な部分もありますが、それも味として、極力書いた当時のまま残しております。

 

いわゆる趣味ブログなるものを始めます。

昔、一瞬だけやってたアメブロはID忘れたのでフォロワーさんが多く使ってるはてなブログにて始動!

音楽と映画とドラマの話が大半になるかと

今回は一発目なので軽く自己紹介的な感じでお送りします。

 

趣味ブログを書こうと思った主な理由

①これが好き!っていうブログは数あるけど、自分が好きなモノを取り上げてる記事が少ない

②久しぶりに昔書いてたmixiのライブレポ日記みると恥ずかしいけど楽しかったから

③写真はあまり撮らないけど、その時々で感じた熱量とか気持ちを文章で残したいから

 

ほかにはTwitterでいちいち文字数を気にしながらリプで羅列するの面倒くさい、時間が経つとなんとなくツイートしづらいとか、ネガティブな理由も。

ツイートが知らない人にふぁぼられたりして自分の文章がどれだけ届くのか興味がある。

それに色んな文体、フォーマットがある中で実際に使いながら試していきたい等ポジティブな理由もたくさんある。

 

 大事なのは後から見て当時の空気感が分かるものにしたい!

 

自己紹介もどき

ブログのタイトルは自分のルーティンから。

ライブの最後に絶対ステージに「ありがとうー!」って言うようにしてるのだけど、毎回感極まってるため号泣しながら「あ゛ぢがどぼぉぉぉ」ってなるから笑

友達からは「号泣ありがとうおじさん」と言われてます。

アイコンはイメージ画像として、ちびまる子ちゃんに出てくるたまちゃんのパパです。(ブログのアイコンっていつ使うんだろ)

 

音楽と映画とドラマの話がメインなのでザックリ好みをまとめたのが以下

 

音楽遍歴はロキノン生まれJ-POP育ち

近年、アイドルとHIP HOP沼に落ちる

基本的に邦楽DDだけど

最近は洋楽HIP HOPやファンクも少々

 

ジャンル問わず、線が細い、気弱そうな人が作ってる曲が好きです。

オラついてる曲は性根が合わない笑

 

映画はアクションとコメディ

ターミネーター2とトイストーリーが原点なので小さい男の子が好きなものが好き

頭空っぽで見れる、非日常を感じられる、現実じゃありえないよ! こんな設定どうやって思いついたの? って感覚になれるものです。

 

ドラマは超ミーハー

社会人になってから、宴会芸とかよくやるようになり、流行りの女優さん俳優さんチェックのために見てたら楽しくなってきた。

こちらも設定難しいものより恋愛モノ、コメディが多め 

男性が女性に首ったけなヤツが好き

波瑠ちゃんは特に、あさが来た以降のドラマはほぼ見てる。

最近は出演陣より、脚本とかスタッフさんもチェックするように「これ作ってた人のなら面白いかも」って見るのを決めてる

 

 

こんな感じです。

書きたいネタは沢山あるので、ちまちま更新していきたいと思います!

ぜひチェケラ、反応くだされ〜〜