何度でも泣きながらありがとうと叫べ

好きなモノを好きなように好きなだけ 音楽と映画とドラマ

バンドは1組もいない、秒で終わったリリスク フィロのス SUSHIBOYS対バン

そもそも対バンは「対するバンド」や「バンドの対決」が語源だそうです。lyrical school自主企画にフィロソフィーのダンス、SUSHIBOYSがゲストなので行ってきました、アイドルもラップも好きな自分にとっては正に俺得!

 

バンド好きの頃から対バンは基本的に行かない主義で、というのも「出演者の半分以上が好きじゃないと行かない」という原則が自分ルールにあるから。お目当てをひたすら待つだけの時間なんてもったいないし、それほど好きでもない音楽を聞き続けるのは苦痛に感じてしまう。(好みかどうかは事前の音源チェックで行うのが前提)

 

だからバンドに限らず、アイドル、ラッパーのライブもあまり行かないけれど、今回は「ここぞ」という時でしょう!

 

リリスクは昔から好きだけどインストアで見るのがほとんど、ちゃんとしたライブ旧体制のリリルネと現体制ではTIF 2017くらい。言うまでもなく推しフィロソフィーのダンス、秋のリリスクツアーでは2マンが名古屋だったので断念したので個人的には待望だった。SUSHIBOYSは自分がHIP HOP好きになったころに売れてきて、流派Rのイベント、あとTHREE1989お目当てでspotify Early Noise Nightで見たので3回目。メンバー抜けてからは初めて

 

という好きしかいない1日だったので勢いに任せて簡単に3組の感想書いていきます。気になるところだけでも読んでください~

 

フィロソフィーのダンス

セトリ

 

ダンス・ファウンダー
ラブ・バリエーション
ロジック・ジャンプ

シスター
スーパーヴィーニエンス
ヒューリスティック・シティ

ライブ・ライフ
ベスト・フォー

 

DJ卓の関係で一組目と思ってたので予想的中。久しぶりにいつものSE、縦一列のフォーメーションでド頭ダンス・ファウンダー!バチバチかよ!おとはすBメロが歌い上げないでかわいいver久々

 

ラブバリ奥津さんを好きな人が今日もたくさん、赤と緑の照明で謎にクリスマス感あった。 ロジック・ジャンプ ここできた!ツアーで聞けなかったから嬉しい~そういえば初披露が定期公演のevening cinemaと2マンで、ここ下北沢GARDENだったような…もしや意識しての選曲?

サクッとあいさつ語、「マスクいっぱいだ~」

おとはす「マスクだとみんな盛れてるね」

ハルちゃん「私も良くやるからな~」

MC明けにシスター、個人的には静かな曲連続でやってほしいけど

 

再度MCでハルちゃん「今日は私たち目当てでラップ詳しくない人や、反対にラップが好きでアイドルとか詳しくない人どちらもいると思います。私達やリリスクさんはアイドルに所属しているけど、ジャンルを壊してこうとしているグループなので、気に入ってくれたらまた見に来て欲しいです。(意訳)」

 

ハルちゃん「あと2曲だけど、ライブが楽しい~って曲やります! もう1回聞いとく?調子はどうだー?」

これは珍しくアツいMC!アイドル以外とも積極的に対バンしているこの2組だから言える言葉ですね、

 

MCから泣かせ曲2連続で終了。スペースなくて後方ど真ん中にいたから『ベスト・フォー』のサビ前で奥津さん真正面!撃ち抜かれた~

 

ゲストで呼ばれた側のフィロのス見るのは多分はじめてだったけど、いつもより少しだけ煽りが多かった。途中でスカートとの2マン、3月のリリスクも一緒の大阪イベント告知してたけど、イベントで見ないから新鮮だったw

 

イベントならではなのか、推しジャンやペンライト勢(必ず黄色とピンクのみ)がちらほら。リリスク全然コールなかったから、完全に悪目立ちしてしまったな… 


SUSHIBOYS

セトリ

 

死んだら骨
軽自動車
ダンボルギーニ
ママチャリ

アヒルボート
Good Day

SANAGI
DRUG

 

メンバー脱退よりも、2人のアー写で大胆すぎるイメチェンに驚いたけど、生で見るとより感じる…(笑)

 

最新曲からスタートしたけど、2曲目以降は定番曲が続く。前よりいくらか色んなラッパーのライブ見たから思うけど、聞き取りやすくてラップ上手いよな。そしてフックの被せ楽しい!マスクが動いちゃったり蒸れて仕方ないけどw

 

MCタイミング忘れたけど覚えてる限りでは

「こんなにむさ苦しいフロアは初めてだぜ!もうちょっと男いてもいいんじゃねーの(笑)?」

「こんなにマスクしてる人みたことねーよ、俺らが菌みてぇだな笑 最後までよろしくなマスクマン」

 

DJなんで2人いるのかと疑問に思ったら

「タイプはオムライスがおいしく作れる子です、そんでケチャップで名前書いてくれる子」

「コイツはヨシカワっていうんだけど、今引継ぎ期間でOJT中なんだ、何かミスったらごめんよ」

「なんかしゃべれよ」

「よろしくお願いします!」

「タイプも言いなよ」

「かわいいこ」

「わりぃな、コイツコミュ障なんだ!」

 

たしかに見る限りシャイそうだけど、 OJT中という表現といいユルいなぁ

1人抜けた分バースが減るから曲間ブツ切り感あると思ったけど、スキルの差か笑?

 

ダンボルギーニ解説や、しりとりで「あ」が来てからアヒルボード等、曲フリも独特でご新規さんにも優しい、マジでアヒルの浮き輪が登場してたけど、このキャパだと天井の照明にぶつかっててちょっと不安になる。あとコールアンドレスポンスで「がってん!」なんてやってたっけ(笑)?

 

「あと2曲で終わりです。」(えええー!!)

「リリスクの人達はいつも「えええー!!」って言ってくれて優しいよな笑」

「次の曲はちょっと雰囲気が違って、暗い時期に書いた曲です。知っている人もいるかもしれないけど、去年メンバー1人おれの弟が抜けまして、音楽やめようかとか沢山悩んだ。今は大丈夫なんだけどね。こういう辛い事はないに越したことはないけど、 あったときは前向きになってほしい、少しでも俺らの曲が力らになれたら嬉しいです。」

 

からの『SANAGI』最後の『DRUG』はグッと来た。ここまでマイナス面のこと言い切れるのはラッパーならでは。2人になってからサウンドは流行りの音に近い感じになったけど、歌詞が相変わらずHIP HOP感ゼロで個性になってる。HIP HOPでメンバー脱退ってあんまり聞いたことないけど、続けてくれたからには売れて欲しい!

 

lyrical school

セトリ

 

プチャヘンザ!
High5
DANCE WITH YOU
つれてってよ
大人になっても
消える惑星
Tokyo Burning
Enough is school
YOUNG LOVE
OK!
LOVE TOGETHER
秒で終わる夏
夏休みのBABY
Bring the noise
LAST DANCE

 

全編MCなし!ド頭からウワサのhimeちゃんスリースタイル!スーパーミラクルアイドル ゴリゴリのゴリ おとはす等フィロのス要素入れてくれた。改めてこの曲、秒でtofubeatsが作ったって分かるし、いい曲だな

 

『High5』では

「なにか」

\(起こりー)/

「そうなー」

\(予感)/

と、たまにコールあるくらいでメンバー名前叫んだりはないから落ち着いて聞ける。


前半はnotアルバム曲で、 ちょっとゆったりなBPMの曲が続いてケツで韻踏んでいく気持ちよさよ~

そこから静かな曲挟んでアルバム曲で徐々にテンポが上がっていく。『Tokyo Burning』はさすがにフロアがノリ辛いのか少し煽ってたけど、『Enough is school』は音源より低音もラップも強くてメチャクチャ決まってた。

 

新曲の『OK!』はchelmicoの『summert ime』みたいなトラップが基本だけどサビ前はドロップが入るスタイル、少しずつトラップを前面に出してきて成長を感じられる。

そして『LOVE TOGATHER RAP』『秒で終わる夏』と更にギアをあげる!


再度アルバム外で夏ベビ、やっぱり強い。地味に曲名しりとりになってるのは狙ってかな?
『LAST DANCE』やっぱ締め曲だとして最高、Cメロ歌う前にminanちゃん「明日、満月だって」とイケメン!

 

本編は以上で、メンバーの話まとめて。

himeちゃんはグラサンにパーカーフード被ってラッパーの戦闘モード、最後3曲くらいで外したけどお立ち台に置いたら、risano先生に割られるてしまう、新調したばかりだったらしく、割とショック大きそうだった笑

 告知で噛んでしまうが言い直しただけでフロアから褒められるhinakoちゃん(それで振り回されるyuuちゃんもかわいい)、やはり出会う男全て狂わすガールだな…risano先生はベリーショートで美人が隠し切れなくなってしまって、女優さんみたいだった

あんぬちゃんが最長の世界にいるから、minanちゃんマジでデカい!

 

フィロのスはメンバーそれぞれ魅力のベン図の重なる部分は少ない(分かりやすい所だと歌はハルちゃん奥津さん、アイドル性ははすあんぬ)のに対して、リリスクは被っているところが多いけど、メンバーそれぞれ一瞬一瞬で魅力が変わっていくのが良かった。

 

歌、ラップ、ダンス、アイドル性の4軸で見ると(以下、敬称略)、

 アイドル性はhinakoがブッチギリだけど、yuuは妹属性だしhimeも高い(単に自分がhime推しなだけ?)

ラップはhimeが頭3つくらい抜けているがrisanoはアクセントになるしminanも強い

歌はminan yuuの双璧が揺るがない

ダンスは経験者のrisano yuu(ここでのダンスは自分のパート外の時に行う、自由に音に乗る感じ)には勝てない

 

基本は自分のパートで前に出る時に発揮されるけど、アイドル性やダンスは後ろにいてワチャワチャもしてる時にも発揮される。

その結果、いつ、誰が、どの方面から魅せに来るか分からないワクワク感がずっと続く。

 

あと音源でも思ってたけど、韻踏みつつメンバー個性に合わせたフレーズを持ってくる作詞ってシンプルに職人技、多くの曲でからんでる大久保潤也さんスゴイ。 

 

アンコール

「アンコール!」コールは大人しめだった。しばらく待つと『イッツ・マイ・ターン』remixのイントロが!そして今日の限定Tを着たフィロのスリリスク皆さんで登場!去年のサ上とのコラボと同じ選曲、テンポ的にもループ主体な音もあってラップしやすいんだな、個人的には『アルゴリズムの海』やって欲しいんだよな~いつかお願いします。

 

バース蹴るのは当然として少しは歌うのかなと思ったら、歌ってるフィロのスメンバーにminanちゃん以外で群がるっていう笑 なんだこの女子校内でモテる先輩の取り巻きみたいな感じは!けしからん!!もっとやれ!!!

曲後半でhimeちゃん→risano先生→ほか3人でラップして終了


やっぱりアイドルのコラボは視覚的に情報過多になって眼福ですね、見つめ合うのズルい。特に推し同士の奥津さんhimeちゃんの絡みなんてとくに、himeちゃんがマリチチ揉んできて奥津さんやり返すも、himeちゃん「え、私?ないない」みたいなアピール顔がかわいかったぁぁぁ!


フィロのス捌けて今度は、同じく限定Tを着たSUSHIBOYSが登場、やっぱりやるよねー『シャープペンシル』

www.youtube.com

 

スシボ並んでも同じくらいで、やっぱりminanちゃんでけぇ!

ニヤニヤポイントはない代わり、被せや自分のバース以外の立振舞いを見る。


最後は全員で記念撮影

 

 

 


ここでもがってん!乱発。「俺ら端でいいっすよ。え、真ん中でいいんスか?」と流されつつも中央に陣取ってしまうSUSHIBOYSお二人

撮る時の掛け声?ポーズ指定は特になく、がってん!に持ってかれてた…wフィロのスはダサいけど毎回あるのはやっぱり、一体感出すのに必要なんだな

 

 

こんな感じ!フィロのス以外はこのタイミングで見れて良かった。

ようやくちゃんと見れたリリスク、魅力が多すぎてウッカリするとハマってしまうね~

邦楽DDとしてはハルちゃんのMCが本当にグッと来て、どのジャンルのアイドルでもラッパーでもバンドでも、どちらが良いとかではなく、どれも違った魅力があって、色んな人が活躍している方が絶対に楽しい!だからHIP HOP好きヘッズもアイドルオタクも軽率に他ジャンルにハマって欲しい。好きなモノが増えると、嬉しいニュースや新譜に立会う機会も増えるし、今までの好きに対しても別の見方もできるし、いい事しかないぞ~~~(経験者は語る)

 

なので、また対バンする時をお待ちしております! &フィロのス不定期企画はそろそろ自分が好きな人呼ばれて欲しい!

 

 

それでは